本文へスキップ

AMP 受験算数専門塾

AMPは、約束します。

ひとりひとりの実力アップのため、定員制の少人数で指導します。
個別指導のきめ細かさと実力を引き出す集団授業の良さをマッチさせた授業です。
授業外でもお子様の状況・性格を把握し、ご要望に応じ、保護者の方に適切な学習法をご紹介いたします。

AMPからのご提案

教えるすべての子どもに学習の楽しさを、わかる喜びを。
嫌いから
好きに、好きからできるに、そして合格を。
受験勉強を通してその後にも
生きる学力を。

続きを読む

AMP算数教室開講 <数脳・図脳養成講座>

算数は好き嫌いがはっきりする科目です。またそれが得点力の差に顕著に表れます。
中学受験においても、合格者と不合格者の間で最も得点差が開くのは算数であることは間違いありません。
好きか嫌いか、得意か不得意か、その差がつくのは低学年である場合も多いでしょう。また、その後の算数の伸びに大きく関わるのが低学年での算数との関わり方次第であるとも言えます。
これまで算数を得意にする様々なことを思考、研究、実践してきました。

結論は
「誰でも正しい学習法、教材やカリキュラムのもと時間をかけて学習すれば必ずできるようになる」です。

こう言うと至極当然、簡単なことのようですが、「言うは易く行うは難し」です。
算数を高学年になっても得意で維持することはたいへんなことです。低学年から無闇に先取り、特訓しても必ずしも効果があるとは限りません。正しい学習方法を身につけ、その後に生きる学力を日々養成していくことが肝要です。
算数が苦手になる原因は様々あります。一方得意になるきっかけは見過ごしがちです。
やっかいなことに算数に対する苦手意識は他の科目より重病となる場合が多く、下手をすると一生続くものとなります。算数ができる人は頭がよい、ヒラメキがある、算数や数学が不得意な者からするとそういう間違った思い込みがあります。ヒラメキは時間をかけた正しい学習の成果として生まれてくるものです。
学力の伸びは一定ではありません。継続して学習を続けるうちにある日突然伸びるものです。
その日を迎えるために得意になるきっかけを見過ごさずに、時間をかけ努力を続けなければなりません。
古くからいわれていることですが「継続は力」は真実です。ところが残念なことに得意になるまで続けていない、続けられていないことが多いのではないでしょうか。

AMPでは独自開発した算数教材で先々生きる算数の学力の養成をします。どの教材もこれまで効果があったものを中心に作成、編集し直したものです。
「数脳教材」では、数に関する感覚と知識の養成をします。
「図脳教材」では、図形の認識力と知識の養成をします。
それらの教材を通して、継続した学習を積み上げ、後々まで生きる学力を培っていきます。
継続して学習することにより、飽きずに楽しく学力アップを図ります。


AMP国語教室開講 <人の気持ちを学ぶ国語講座>

人の気持ちを学ぶ国語講座 詳細



お問い合わせ

ナビゲーション